トレンド・ライフスタイル

どんな料理にもぴったり合う「ロゼワイン」の魅力

どんな料理にもぴったり合う「ロゼワイン」の魅力

 みなさんはワインなら赤と白、どちらがお好きですか? 赤ワインと白ワインは、お酒そのものの味だけでなく料理との相性も異なりそれぞれに魅力がありますが、今回はそのどちらでもない「ロゼワイン」をピックアップしたいと思います。

 フランスではとてもポピュラーなロゼワイン。ロゼとはフランス語で「バラ色」という意味があり、バラのように鮮やかで透き通るようなピンクの色味からその名がつけられています。

 ピンク色のワインということから、すべてのロゼワインが単に赤ワインと白ワインを混ぜたものだと思っている人もいるかもしれませんが、これは間違い。ロゼワインには赤と白を混ぜるという方法もありますが、これはあまり一般的ではありません。それよりもこんな作り方であることが多いそうです。ひとつは果皮から色素を抽出し、いい色合いになったころに果汁のみを抜いて発酵させる赤ワイン風の作り方。もうひとつは、黒ぶどうをつぶすときに果汁に色を移す白ワイン風の作り方です。

 また、ロゼワインはどんな料理とも合わせやすいという特徴があります。赤ワインの渋みと白ワインのすっきりとした後味のどちらも持ち合わせているロゼワインは、脂が多めの肉料理もさっぱりと食べられ、かつ淡白な魚がメインの場合でも料理の味を邪魔することなくマリアージュを楽しむことができます。さらに驚くことに中華料理や日本料理にも合うんだとか。何にでも合わせやすいからこそ、ぎょうざやカレーといった一見どのようなワインを合わせればいいかわからない食事との組み合わせもおすすめなんです。

 家庭でワインを楽しみたいけれど、何を選べばいいかわからない…そんな悩みを持つ人も、ぜひ親しみやすいロゼワインからチャレンジしてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。