トレンド・ライフスタイル

ラベンダー、ミント、ローズマリー…香りの特徴と効能を知って使いこなそう

ラベンダー、ミント、ローズマリー…香りの特徴と効能を知って使いこなそう

 お気に入りの香水をつけると気分がアップしたり、リラックスしたりという経験はありませんか? 香りは、人の感情や行動、記憶をつかさどる大脳辺縁系に直接働きかけ、さまざまな影響を与えているとのこと。香りには、人の感覚を刺激する大きなパワーがあると言われています。

 そんな香りの効果を知って、自由に使いこなせたら、もっと暮らしが楽しくなるかもしれませんね。今回は、それぞれの香りがもつ特徴と効能を紹介したいと思います。

 気持ちを明るくするには、「香りの女王」と呼ばれる「ローズ」がおすすめ。エレガントな香りが心に華やぎをもたらし、イライラした気分や落ち込んだネガティブな心情をやわらげてくれるそう。ストレスも軽減しそうですね。

 フローラルハーブの香りのひとつ「ラベンダー」は、神経の緊張や不安をやわらげる働きがあります。気分をゆったりとさせてくれるので、寝る前に枕に1滴、ラベンダーのアロマオイルを垂らすのもおすすめ。やさしくて穏やかな気持ちになりますよ。

「ペパーミント」は爽快な清涼感あふれるクリアな香り。眠気を覚まして、意識をはっきりさせたいときに役立ってくれます。また、興奮状態のときにかぐのもよいよう。神経を鎮めてくれるそうです。

 精神を集中させたいときは、「ローズマリー」はいかがでしょうか。クールで清涼感のある香りなので、落ち着きと爽快感を与えてくれます。頭の中がクリアになって、問題解決もスムーズになりそう。気分をリフレッシュさせる効果もあるので、疲れたときにも向いています。

 スパイシーさとコクのある甘く深い香りが特徴の「シナモン」。気分が沈んでいるときだけでなく、孤独を感じているときにもおすすめだそう。また、食欲を増進させたいときにもいいそうですよ。

 代表的な香りの特徴を紹介しましたが、 ちょっと気分を変えたいなと思ったときは、アロマオイルや部屋のフレグレンスなどに、香りを取り入れてみてください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。