トレンド・ライフスタイル

キャサリン妃が選んだ出産法「ヒプノバーシング」って知ってる?

キャサリン妃が選んだ出産法「ヒプノバーシング」って知ってる?

 昨年は英国のロイヤルベイビーの誕生が、世界的なニュースになりました。キャサリン妃のママぶりも引き続き話題ですが、その出産法も新しさを感じるスタイルだったことをご存じでしょうか?

 現在、出産方法は10種類以上あると言われています。お産にも人それぞれの個性があり、自分に合った出産方法を選ぶことができるような時代に。もし産むとしたら、どのタイプがいいでしょうか?

 まずは、聞いたことがある人も多い「ラマーズ法」。最大の特徴は呼吸法で体の緊張を解くということ。赤ちゃんに十分な酸素を送り込んで安全な状態にし、お母さん自身も痛みを軽減することを目的にしています。フランスのフェルナン・ラマーズ医師が1950年代に始めたものと言われています。旦那さんにリードしてもらいながら呼吸し出産すると、夫婦の絆が深まるかもしれません。

 心と身体の訓練によって、精神や肉体の安定を得るという、ヨガの考えをベースとした「ソフロロジー」という出産法もあります。陣痛の痛みを素直に受け入れて、赤ちゃんの様子をイメージしながら赤ちゃんとともに、お産を乗り越えることを理想に掲げています。こちらも独特な呼吸法「ソフロロジー式呼吸」を使い、リラックスした状態での出産を目指します。母体への負担が少ないと言われています。

 モデルの長谷川潤さんが行ったことでも話題になった「水中出産」は、文字通り水の中で産むスタイル。陣痛がピークになってから、腰ほどの深さの温水プール、もしくはお風呂に入って出産します。浮力によって身体の緊張がほぐれることを目的にしています。助産師さんの力を借りて、自宅のお風呂場で水中出産を行う人もいるそうです。

 そして、キャサリン妃が行ったと言われているのが「ヒプノバーシング」。日本語で言うと「催眠出産」です。ハリウッド女優やセレブの間で人気を集め、欧米ではかなり浸透しているようですが、催眠療法を使って、お母さんをリラックス状態に導きます。心が安らかだと出産時の骨盤への負担も軽減されるとか。アメリカ人のヒプノセラピストであるマリー・F・モンガン氏が開発したもので、1990年に初めてこの出産法で赤ちゃんが誕生したそうです。

 お産は女性にとって命がけの大仕事。安全に健康な赤ちゃんを産むことが第一の目的ですが、自分のスタイルで出産できたら、素敵なことですよね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。