トレンド・ライフスタイル

最適な湿度は? 置き場所は? 加湿器の上手な使い方

最適な湿度は? 置き場所は? 加湿器の上手な使い方

 先日、Daily Beauty Naviでは加湿器の種類別にみる特徴と選び方をご紹介しました。今日は、加湿器を上手に使って、気持ちよく過ごすコツをお教えしましょう。

 一般的に、快適に過ごせる湿度は40~60%と言われています。湿度設定をするときの目安は、就寝時や室内の結露が気になるときは40%、乾燥が気になるときは60%です。また、インフルエンザなどのウイルス対策には50~60%、お肌の乾燥予防には55~65%が理想的と言われています。

 ここで注意したいのは、湿度が高い状態が続くと、室内と外に温度差が生まれてしまい、窓ガラスに結露が生じてしまうこと。この結露がひどくなると、室内にカビやダニが繁殖してしまい、身体に悪影響を及ぼす可能性もあるそう。家屋にとっての適切な湿度は40%と言われているので、こまめに調節するなどの対処をしたほうがいいようです。

 効率的に加湿するためには、加湿器の置き場所も重要です。とくに真冬は、暖房器具と一緒に使うことも多いはず。暖房の風が直接当たる場所に置くと、暖かい空気を感知して、どんどん加湿してしまうので、温風が直接当たらない場所を選ぶようにしましょう。

 また、加湿器を効率よく使うには、比較的低温になる床付近より、卓上に設置するのがおすすめとか。温度が低いと、加湿器が十分な加湿をしていると判断してしまい、加湿量を落としてしまうこともあるので、窓際などの冷気の影響を受けやすい場所に置くのは避けるようにしてください。

 空気が乾燥するこの時季に欠かせない加湿器。使い方や置き方にも気をつけて、快適な冬のお部屋ライフを心がけてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。