トレンド・ライフスタイル

羽毛布団は直接肌にかけて 冬の快眠環境のつくり方

羽毛布団は直接肌にかけて 冬の快眠環境のつくり方

 本格的な冬になると、「寒くて眠れない」とか、「着ぶくれや布団の重みで寝ても疲れがとれない」といった悩みが出てくる人はいませんか? それは、冬の睡眠環境が整っていないことが原因かもしれません。

 気温や湿度が下がるこの時季は、睡眠環境にも注意が必要です。快適にぐっすり眠るためには、布団の中の温度と湿度が大きく関係しているそう。たとえば温度は、季節に関係なく、体温よりやや低めの33度、湿度は50%くらいがよいと言われています。この布団の中の快適だと思える環境は、寝具によってつくられるので、身体も布団も冷えている冬は、夏以上に寝具選びと寝具への工夫が必要になるのです。

 布団には、綿、合繊、羽毛といった素材の違いがあります。たとえば、多少布団の重みを感じて寝たいという人は綿素材のものがおすすめ。昔ながらの綿が詰まった布団です。逆にあまり重みは感じずに、外へ布団を干すときも楽にすませたいという人は合繊、羽毛がいいでしょう。また、少々値は張りますが、羽毛はふんわりとした肌触り、保温性などにも優れています。ぜひ、自分の好みと素材の特徴を考えて、お気に入りを見つけてみてくださいね。

 羽毛の掛け布団をより温かく使用するコツは、身体の上に直接かけること。羽毛ふとんは体温が伝わるとダウンがふくらみ、温かさが増すそうです。そして、体温の熱を外に逃がさないよう羽毛ふとんの上には毛布やタオルケットをかけるようにしましょう。

 睡眠は、美容にも健康にも大切な時間。寝具を見直して快眠を手に入れてみてはいかが?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。