トレンド・ライフスタイル

1月25日は「中華まんの日」! 意外と知らない肉まんの歴史とは?

1月25日は「中華まんの日」! 意外と知らない肉まんの歴史とは?

 寒い冬に、あたたかい肉まんをほおばる…それだけで幸せな気分になれますよね。実は、1月25日は「中華まんの日」なんです。

 今から約110年前、1902年1月25日、北海道の旭川で日本観測史上最低気温となるマイナス41℃が観測されたことに由来するとか。なんでも、こんな日に肉まんを食べたらさぞかしおいしいだろうという思いが理由だそうです。とてもユニークな記念日ですね。

 今ではコンビニでも売っている身近な存在の肉まんですが、一体その歴史はどこから始まったのでしょうか。

 中国から伝わった肉まんを初めて日本で販売したのは、和洋菓子、パンなどの食品を販売する「中村屋」。創業者夫妻が中国を1925(大正14)年に訪れた際、初めて肉まんの元となる「包子(パオズ)」と出会いました。ただ、そのときの包子は中国人向けの味つけで油っぽく、日本人の口には合わなかったそう。その後日本へ帰った夫妻は、改良を重ねて日本人好みのあっさり味にアレンジし、1927(昭和2)年に肉まんを発売。

 それまではごく一部の中華料理店でしか食べることができなかった肉まんですが、発売をきっかけに多くの人に親しまれるようになったそう。ちょうど日本で肉まんが一般的になってから100年の時がたっているんですね。ちょっとした歴史を知ると、味わいがまた違ってくるかも。今日のおやつは肉まんにしましょうか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。