トレンド・ライフスタイル

アートとして人気! かわいい「ミニ盆栽」を始めよう

アートとして人気! かわいい「ミニ盆栽」を始めよう

「盆栽」というとお年寄りの趣味というイメージが強いかもしれません。でも、近年ではフラワーショップにも盆栽が並び、インテリアショップでの盆栽づくりのワークショップが人気となるなど、盆栽を新しいアートとして楽しむ若い人たちが増えているようです。ガーデニングと同じような感覚で、手軽にできるミニ盆栽にチャレンジしてみませんか?

 ミニ盆栽は、10cm以下の樹木を鉢に植えるもので、実をつけるものを「実物(みもの)」、花をつけるものを「花物(はなもの)」、ケヤキやカエデ、モミジなどの樹木は「雑木(ぞうき)盆栽」と呼ばれています。盆栽は大小を問わず、基本的には屋外で育てるものの、ミニ盆栽はベランダなどの小さなスペースでも育てられ、部屋の好きな場所に飾って鑑賞することができます。

 鉢の中に自然をつくり、育て、飾ったり鑑賞したりするのが盆栽の魅力ですが、あまり堅苦しく考えずに、チャレンジしてみましょう。

 いろいろな樹木をミニ盆栽にすることができますが、初心者でも扱いやすいのは、根がつきやすいイチョウ、紅葉が楽しめるカエデやハゼ、丈夫で存在感のあるホオノキ、日なたでも日陰でもよく育つヒトメクサ、四季を通して花や実の変化が楽しめるヒイラギナンテンなど。こうしたミニ盆栽の寄せ植えには、コガメシダやヒメユキノシタ、ツワブキやヒメセンギョウといった山野草が似合います。

 手順としては、鉢の底にネットを敷き、鉢の3分の1程度まで土を入れ、植物についた土を落としてから植えつけ、すき間なく土をかぶせます。寄せ植えの場合は、植物は奇数にするのが基本。植えつける前にバランスを考えながら配置を決めたあとに、土を入れるようにしましょう。最後に苔で土を覆って、たっぷりの水をあげればできあがりです。具体的な方法や育て方は、フラワーショップやホームセンターなどで苗を購入するときに確認してみるといいですね。

 鉢には食器や石、流木などを使ってもOKです。自由な感覚で楽しんでみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。