トレンド・ライフスタイル

男性の本音続々! 「何、食べたい?」に好感度の高い返答とは?

男性の本音続々! 「何、食べたい?」に好感度の高い返答とは?

 気になる人と初めて出かけることになったとき、事前に「何、食べたい?」と聞かれることがありますね。もちろん、正直な気持ちを伝えることも大切ですが、あまりに偏ったメニューを希望すると相手がそれを苦手な場合に困るし、「なんでもいい」と答えるのも、相手のお店選びの負担を余計に増やしてしまいそうです。

 一体どんな返答が、男性から見て好感度が高いのでしょう? 20~30代の男性に、これまでの経験をもとに話を聞いてみました!

「中華料理と言ってくれるとありがたいですね。実は、僕はパクチーのような香草が苦手でエスニック料理があまり好きではないんです。中華なら、辛いものも点心系も種類豊富なので、お互いの食べ物の好き嫌いをあまり気にしなくていいから」(20代ライター)

「コース料理。敷居が高い返事のようにも思えますが、コースは予算も、食事にかかる時間も予め把握できるので、予定が組みやすいんです。食事が終わる時間に、2軒目のお店の予約を入れておくこともできますよね」(30代広告)

 相手の男性側の食べ物の好みやスケジュールの都合を先回りして、それに配慮した希望を伝えてみるのもいいかもしれませんね。

「『旬のものが食べたい』と言われると、夏だったらスパイシーなもの、冬だったら鍋かな…とイメージがどんどん湧いてきて、お店も選びやすいです。旬のものっておいしいですしね」(30代不動産)

「『あなたがふだん行っているお店で、いつも食べているものを食べたい』と言われたときはドキッとしました。僕の日常を共有したいと言われている気がして、うれしかったなぁ」(20代メーカー)

「なんでもいい」という返事の代わりに、上記のように少し言い方を工夫してみるだけで、与える印象は大きく変わりそうです。

「『おでんとか食べたいな』と言われて、オッと思いました。肩肘張った店でなくていいよ、とさりげなく気遣ってくれた感じがしたから。おでんの和風の落ち着いたイメージもあって、気兼ねなくゆっくりできるよって言われた気もしました。勝手な妄想ですが…」(20代研究者)

「自分は庶民的な店が好きなので、『赤提灯のさがっているような居酒屋がいい』と言われたときは、この子だったらこれからもずっと、一緒に食事をしていけそうだと思いました。つき合いたいじゃなくて、結婚したくなる返答でしたね」(20代メーカー)

 いかがですか?「何、食べたい?」という質問への女性の返答から男性は意外と多くの印象を受け取っているよう。こんな何気ないやり取りも、次の恋愛段階につなげる大事なチャンスと考えて、ぜひ素敵な返事をしてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。