トレンド・ライフスタイル

インテリアを変えて気分一新! お部屋にも“差し色”で変化を

インテリアを変えて気分一新! お部屋にも“差し色”で変化を

 あなたのお部屋のインテリア、気に入っていますか? そろそろ次のシーズンに向けて、ちょっと模様替えの準備をするのもいいかもしれませんね。

 インテリアの重要な要素のひとつは、色の使い方。どこにどれくらいの分量で、どんな色を配置するかで、お部屋の印象がグッと変わってきます。どんなことに気をつければ、素敵な部屋を実現できるのでしょうか?


 まず、あなたの部屋のベースカラーは何色ですか。これは、床、壁、天井などに使われていて、全体のだいたい70%ほどを占める部分です。ベージュやオフホワイトなどベーシックなものもあれば、子ども部屋のようにカラフルな柄物の壁紙、打ちっぱなしのコンクリートなどという場合もあるかもしれませんね。

 次に多くの面積を占めるのはカーテン、ラグ、ソファなど。約25%を占め、部屋の印象を大きく左右する部分です。好きな色を選ぶのもいいのですが、その前に色がもたらす身体的、心理的な影響を知っておくといいでしょう。たとえば、赤色の部屋にいると人間は、脈拍数、血圧、体温が上昇し、その場にいる時間を長く感じるものだそう。一般的に落ち着かない気分になるとも言われています。一方、青色の部屋にいると人は、脈拍数や血圧が下がり、落ち着いた気分になるとのこと。時間の流れも緩やかに感じるそうです。また、赤色の部屋に比べると、3度ほど室温が低く感じられるともいいます。

 お部屋のサブカラーともいえる、カーテンやラグなどは、ゆっくりくつろぎたい部屋なのか、アクティブな気分になりたい部屋なのかなど、部屋の性質も考えることが大切。日当たりがよい部屋かどうか、窓があるかどうかなどを考えて、温度との関係も考慮したほうがいいでしょう。

 全体の5%ほどの面積を占めるクッションや額(絵画、写真)、その他の小物は、第3のカラーです。ファッションでいう「差し色」と言えばわかりやすいかもしれません。ここは、個性を発揮する部分にしてはいかがでしょうか? ポップな色の組み合わせにしてみたり、いろいろな小物をポイントになるカラーでそろえてみたりするのもおもしろそう。たとえば、洋服の場合、赤色のドレスを着るのには勇気が必要でも、口紅ならチャレンジできますよね? そんなふうに、こだわりの1点にポイントカラーを使うのもありですね。

 これから来る春、夏のことを考えて、あまり色で暑さを感じない工夫をしてみるのもエコにつながるので、心がけたいですね。さあ、部屋のカラーを変えて、新しいシーズンを始めてみませんか? 

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。