トレンド・ライフスタイル

二十四節気(にじゅうしせっき)を知って春の訪れを感じよう!

二十四節気(にじゅうしせっき)を知って春の訪れを感じよう!

「二十四節気(にじゅうしせっき)」をご存じでしょうか? 簡単に言えば、1年を24等分し、季節を示すのに用いられる言葉です。

 この二十四節気で春を表す言葉を、順に見ていきましょう。これらを知っていると、季節をより敏感に感じとれる気がします。

・立春(りっしゅん)2月4日ごろ

「冬至(とうじ)」と「春分」のだいたい中間にある。旧暦では、この日を1年の始まりと定め、この日を基準に決まり事や節目の行事が設けられています。たとえば、立春の前日が節分。立春から立夏の前日までが暦の上では春。「茶摘」の歌でも有名な「八十八夜」はこの日から88日目の日を指します。

・雨水(うすい)2月19日ごろ

あまりなじみがないかもしれませんが、その名のとおり、雪が雨に変わるころを意味しています。とはいえ、まだまだ東日本では寒い日も多く、関東などでは、このころ雪が降ることもしばしばです。

・啓蟄(けいちつ)3月6日ごろ

啓蟄の「蟄」は虫のこと。土の中で寒さをしのいでいた虫たちが穴を開いて、動きを活発にするころ。「啓」にはこの「開く」という意味があります。いよいよ春の気分が増して、日ごとに気温が上がるころと言っていいでしょう。

・春分(しゅんぶん)3月21日ごろ

「春分の日」もあるので認知度は高いと思いますが、昼と夜の長さが同じになる日です。お彼岸の時期でもあり、お墓参りへ行く習慣もありますね。このころに食べる「ぼた餅」は、赤い小豆が邪気を払うと考えられていたそうです。

・晴明(せいめい)4月5日ごろ

“すべてのものが清らかに輝く”ころを指します。平年通りなら、このあたりにお花見がピークを迎えるところも多い時季です。日本では新学期の始まりもこのころですから、何か新しいことが起こりそうな、わくわく感がある時季と言ってもいいかもしれません。

・穀雨(こくう)4月20日ごろ

田畑の準備が整い、穀物を潤す雨が降るとき。私たちが生きるための恵みの雨であり、梅雨とは違う、春のやわらかさを雨にも感じることができます。

 先人たちは季節の移り変わりを二十四節気とともに、肌で感じていたはず。ぜひ、日本の美しい四季を今年はもっともっと体感してくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。