トレンド・ライフスタイル

ウロコがこびりつく前に お風呂の鏡をピカピカに保つコツ

ウロコがこびりつく前に お風呂の鏡をピカピカに保つコツ

 お風呂に入るときやメイクをするときなど、毎日1度は必ず鏡に自分の顔を映しますよね。しかし、気づかぬうちに水滴がついたり、くもっていたり。鏡をきれいにしておくには、日ごろのお掃除習慣が大切なのかもしれません。

 とくに浴室の白い汚れは“鏡のウロコ”とも呼ばれ、水だけでなく、洗剤でも簡単には落としにくいもの。実はこれ、水の中に含まれるカルキ成分が汚れの正体なのです。お風呂のあと、浴室内にはたくさんの水滴が残りますが、これらは単なる水ではなく、カルキやカルシウム、垢といった不純物を含んだ水。時間が経てば水分は蒸発しますが、この不純物は残ってしまうため、これが鏡にかたまりとなって付着してしまうのです。

 鏡のウロコは放っておくと、たいへん硬くなるため、スポンジなどで落とすことが難しくなります。きれいにするには、カルキ成分がアルカリ性であるという特徴を活用するのがポイントです。

 アルカリ性の汚れを中和させて落とすためには、酸性の洗剤や洗浄作用のあるものを使えばOK。たとえば、掃除用具の定番品であるクエン酸水はいかがでしょうか。汚れの気になる箇所にクエン酸水をスプレーし、上からラップをかけます。そのまま半日ほど置いたら、そのあとは布きれや雑巾で水拭き、から拭きして仕上げましょう。

 また、汚れを未然に防ぐためにも使ったあとに、窓掃除などで利用するT字型のスクイジーで水気を取り除くことも大切。簡単なことですが、毎日続けることで鏡もきれいな状態を保つことができます。

 美しい鏡を使えば毎日のバスタイムもいっそう快適になるはず。今週末は鏡のお掃除にチャレンジしてみませんか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。