トレンド・ライフスタイル

夜道の「防犯対策」 気をつけたい3つのポイント

夜道の「防犯対策」 気をつけたい3つのポイント

 仕事やプライベートで帰りの帰宅が遅いこともある女性のみなさん。日本は安全な国とも言われていますが、夜道はやはり危険。ニュースで見かける夜道での女性の被害は人ごとではないはずです。「自分は大丈夫」と思いがちですが、いつ、どこで、どんなことが起きるかは誰にもわからないもの。万が一のときに備えて、今日からできる防犯対策をしましょう。

(1)帰り道の経路はいちばん安全なところを選ぶ
昼と夜でまったく雰囲気の違う道があります。昼間は人も通っていて危ない感じはしないのに、夜になると街灯があまりなく、人通りもまばら…などです。夜道を歩くときは、なるべく明るく、人通りが多い道を選びましょう。少し遠回りでも安全を優先してください。

(2)耳で異変をキャッチ 携帯電話はほどほどに
人間は危険を目だけでなく、耳でも察知することができます。忍び寄る足音や人の行動をうかがっているような気配など、音から状況を判断する場合です。携帯電話でSNSやメールをしながら、また音楽を聴きながら夜道を歩くと、耳からの情報を得られにくい状態に。注意力が散漫になる行動は慎みましょう。

(3)もしものときのための防犯アイテムを活用
自分の身が危なくなったら、まずは周囲にそれを知らせることが重要です。そのために、防犯ブザーなどのグッズを持ち歩くのもひとつのアイデアです。最近では、スマートフォンのアプリに防犯ブザーの機能や、アプリのボタンを押しただけでGPSを使い、居場所を追跡する機能を持ったものもあります。また、警備会社の中には専用端末のボタンを押すと、位置情報を確認し警備員が助けに来てくれるものも。自分に合った防犯グッズを使うこともおすすめです。

 女性はひったくりの被害にあうケースも多く、とくに夜間に多発しているそうです。バッグは道路側ではなく、建物側の手で持つようにしたり、足早で背すじを伸ばして歩くことも大事。気のゆるみを見せることなく、犯罪者が遠のいていくような態度で帰路を急ぐようにしましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。