トレンド・ライフスタイル

季節の変わり目も怖くない! 春のプチ不調をほぐしてくれるハーブティー

季節の変わり目も怖くない! 春のプチ不調をほぐしてくれるハーブティー

明日(2月4日)は「立春」です。肌で感じる寒さはピークを迎えていますが、暦の上では新しい季節の幕開け。そういえば、冬至の頃に比べたら日も長くなってきました。太陽と地球の関係は、これから日に日に春めいていきます。そして、冬の寒さに縮こまっていた体も、少しずつ開いていくとき。

けれど、仕事の忙しさやストレスが原因で神経が張りつめたままでは、体も心もゆるめることができません。自然のリズムに自分がうまく調和できていないと、風邪をひきやすくなったり、鼻がグズグズしたり、肩がこったりすることも。そんなプチ不調に悩まされることがないよう、温かいハーブティーで今のうちからセルフケアをしておきましょう。

季節の変わり目におすすめのハーブ

  • エキナセア
    免疫力を高める働きがあると言われ、風邪やインフルエンザ予防に。
  • ネトル
    ビタミンやミネラルが豊富。花粉症やアレルギーなど、体質改善を望む方に。
  • エルダーフラワー
    抗アレルギー作用があるとされ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに。
  • アイブライト
    眼精疲労や、目の疲れが原因の頭痛、花粉による目のかゆみなどが気になる方に。

お好みで茶葉をブレンドすると、味わいも深くなっておいしくいただけます。ただし、効果を期待しすぎて、一度にたくさん飲もうとしないで。飲みたいときに、飲みたいお茶を、飲みたい分だけ。それで十分。おいしいと感じるものをマイペースに続けていきましょう。飲まない日があってもかまわないのです。だって、今の自分に必要なものは、ちゃんと体が知っているのですから。

五感にしたがってハーブティーを楽しめば、季節の変わり目を心身ともにのびのびと、気持ちよ~く過ごせます。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

景山えりか

景山えりか

暦文化研究家

旧暦や月の文化に造詣が深く、暦を介して星や月と親しむ生活を自ら実践。暮らしに役立つ暦の知識と、おいしいティーのいれ方やブレンドのコツが学べる「星のティーセラピー(R)レッスン倶楽部」を主宰し、各地で講座を開催。執筆活動と講座を通して、暦に親しみながら星空とお茶を楽しむライフスタイルを提案している。著書に『自然とつながる暮らしかた 空の向こうは私のうちがわ』(講談社)。景山えりか オフィシャルサイト Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。