トレンド・ライフスタイル

眠りの質を悪くする色は「青」! フランス流・風水3つのお部屋チェック

眠りの質を悪くする色は「青」! フランス流・風水3つのお部屋チェック

疲れているのになかなか眠れない...。その理由は、体調のせいだけではないかも? 今回は、意外と知られていない「フランス流風水」をご紹介します。

1. ひらけたスペースに気を循環させる

風水では、汚れた洗濯物や靴が転がっているような空間は良くないとされています。出しっぱなしにしているモノは、きちんと棚やボックスなどに整理して、不要な家具もしまいこみ、なるべく広い空間に良いエネルギーが流れて循環できるようにすることが大切です。

2. ベッドの位置&向き、ベッド下のスペース

ベッドは窓ではなく壁を背にして置き、入り口のドアが見えるような位置がベスト。また、天然素材や優しい色合いのベッドカバーを選ぶと◎。ベッドの向きは、北に頭が来るようにするのがベスト。また、東を頭にして眠ると、目覚めがよいともされています。ベッドの下は気が流れるようにするためにも何も置かずにおくのがベター。収納として利用している場合は、ほこりがたまらないように定期的に掃除をし、常に整理整頓を心がけます。

3. 寝ている間にエネルギーを奪う鏡

室内の鏡は丸形かオーバル形のものを選び、クローゼットの扉などに固定させます。このとき、素敵なステッカーを貼ったり、チュールの薄めの生地を鏡にかけるとよいのだそう。また、寝ている状態で鏡に自分が映っていたらすぐに場所を変えます。これは、鏡が寝ている間に良くない気を送ると言われているからです。

4. 寝室に「青」を使うのはNG

寝室に使う色は、白、淡い緑、明るいピンク、サーモンカラー、淡い黄色などの「土」のエレメントの色は良いとされ、青だけは避けて。青は「水」のエレメントにあたり、「土」のエレメントで構成されるべき部屋に合わないというのが、その理由。当然、噴水のオブジェや水槽などを置くのはNG。逆に、鑑賞用植物を二つまで置くといいのだそう。ただこの際、ベッドに近づけすぎるとエネルギーをすいとられてしまうというので注意します。

[le Feng-shui pour mieux dormir]
(下野真緒)

[マイロハスより]

ベッドの位置や向きについては日本でもよく耳にしますが、鏡の形や寝室の色まで眠りに適したものがあるなんて驚きです! これなら、オシャレ度が高くて眠りにも良いお部屋にアレンジできそう。みなさんも、ぜひ試してみてくださいね。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。