トレンド・ライフスタイル

現実から逃げ出したい...自分らしさを取り戻すためのヒント

現実から逃げ出したい...自分らしさを取り戻すためのヒント

仕事や恋が上手くいかず「なんでこんなに不幸が続くの」と落ち込むときもありますよね。今日は、フランスを拠点に、欧米で絶大な影響力を持つヴェトナムの禅僧のティク・ナット・ハン師の言葉をご紹介。彼の言葉で、あなたも苦しみから解放されるかもしれませんよ。

"息"に気づくことの素晴らしさ

下記の言葉は師の教えです。忙しい日常のなかでも、ときどき「息」に気づくことへのすばらしさを教え、この詩を口ずさみながら、意識的な瞑想を行なうことを説いています。

「息を吸って、私は静か
息を吐いて、私は微笑む
このいまに生きることこそが
私には、すばらしい一瞬(ひととき)」
(「ティク・ナット・ハン師/インタービーイング・イン・ジャパン」より引用)

現代人は自分から逃げ出している

師はまた、消費社会のなかで身動きができなくなっている現代人に関して、こう観察しています。

私たちは、いつも何かに「占領されている」ことに慣れきっていますから、もしそれがとりはらわれるようなことがあったら、自分が空っぽで見捨てられたような気になってしまうのです。私たちは自分自身にむきあうことを拒み、その代わりに自分から逃げだして友人を求めたり、群衆のなかにまぎれたり、ラジオやテレビを視たり聴いたりすることで、なんとか空虚感から逃れようとするのです。(「ティク・ナット・ハン師/インタービーイング・イン・ジャパン 」より引用)

現代人ならば、思い当たる節がありそうなことをスバリと指摘してくれています。そしてこんな息つく間もなく生きる現代人に対し、「幸せ」を感じるための「意識的な呼吸」を提案をしています。師によれば、「幸福への道はない。幸福そのものが道」であり、今この現在の瞬間に気づいて生活することこそが、幸せなのだといいます。

平和にシンプルに生きる方法を説く

59_2.jpg

ティク・ナット・ハン師は、20年代にベトナムに生まれ、西欧世界で非暴力による平和運動を実践してきた人物です。欧米では、ダライ・ラマ14世と並ぶ人物として知られています。現在に至るまで、その著書は100冊以上にものぼるといわれ、仏教の教えを分かりやすく説くことで親しまれているのだそう。ベトナム戦争中には、「平和のための提案」をみずから携え渡米して、戦争の早期終結を訴えています。この時、マーティン・ルーサー・キング牧師と出会い、翌年にはノーヴェル平和賞への推薦をも受けています。

現在は、フランス南西部に仏教共同体である「プラム・ヴィレッジ(すもも村)」を本拠地として平和にシンプルに生きる方法を提唱しながら、さまざまな取り組みを行なっています。

[プラム・ヴィレッジ禅への鍵微笑みを生きる
インタービーイング・イン・ジャパン]

(下野真緒)

[マイロハス]

 自暴自棄な気持ちのときに読むと、心がほっと落ち着く言葉ばかりですよね。手帳や毎日向き合うデスクトップのそばに、この言葉を書き留めて、辛いときに思い返すようにしておきたいです。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。