トレンド・ライフスタイル

『華麗なるギャツビー』のパーティーファッションがたまらない!【映画からファッションを学ぶ】

『華麗なるギャツビー』のパーティーファッションがたまらない!【映画からファッションを学ぶ】

未曾有の好景気に沸く1920年代アメリカが舞台の物語。愛する女性の気を引くために毎晩のように豪華絢爛なパーティーを開催するギャツビーの、その名のとおり華麗なる"数々の演出に目を奪われます。
ギャツビーの愛する女性、デイジー・ブキャナン(キャリー・マリガン)の美貌はゴージャスでパワフルないわゆる『アメリカ美人』というよりは、小柄で可憐で丸顔。守ってあげたくなるような愛らしい女性という感じ。
20年代の煌びやかで華やかなテイストも、キャリー・マリガンが纏うと何ともいえない"甘さ"と"はかなさ"が際立って、とっても可愛らしいのです。

その愛らしいデイジーに見る20年代ファッションの特徴は、【シフトドレス】という筒型の、ボディラインを強調しないドレスシルエット。シルクやサテンなどの肌なじみの良い素材に、刺繍など繊細な装飾でストンとした優雅なシルエットになっています。セクシー過ぎずすぐに取り入れやすいドレスアップスタイルですし、キラキラ輝くビジューやパールを多用した雰囲気満点のヘッドアクセサリーも次々に登場して、終始参考になり楽しめる映画です。

【『華麗なるギャツビー』(原題: The Great Gatsby)2013年 アメリカ映画 監督/バズ・ラーマン】

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

kitajico

kitajico

イラストレーター

東京芸術大学美術学部デザイン科卒業後、8年間のメーカーデザイナーを経て現在イラストレーターとして作品展示・各種メディアでのイラスト掲載、企業・ブランドとのコラボレーションなど幅広く活動中。http://bejoga.kitaji.com/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。