トレンド・ライフスタイル

実は髪型が重要だった!サングラスをおしゃれにかける3つのポイント

実は髪型が重要だった!サングラスをおしゃれにかける3つのポイント

今や日常アイテムのひとつとなった「サングラス」。紫外線対策の意味もこめて、毎日のようにかけているという人も少なくないけれど、ラフでおしゃれにサングラスをかけるのって案外難しいんですよね...。

サングラスをおしゃ見せするには、髪型とのバランスが重要だって知っていましたか? そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの松本聖子さん直伝! サングラスをおしゃれにかける3ポイントをご紹介します。

サングラスをおしゃれにかける3ポイント

ポイント①後れ毛は3か所に!

後れ毛は3か所

まずは髪全体をゆるく巻き、耳の高さでひとつに結びます。耳前、耳後ろ、襟足にそれぞれ後れ毛を作って、こなれ感を演出しましょう。

ポイント②後れ毛の長さはアンバランスに!
ポイント③前髪はサングラスに少しかかるくらいに!

後れ毛の長さ&前髪のポイント

サングラス:Zoff CLASSIC SUNGLASSES ボストンB4 

また、後れ毛の長さは左右一緒にせず、あえてアンバランスにするのがおすすめ。片方の後れ毛を耳にかけるなどして長さを調節しましょう。サングラスで目の表情が見えない分、髪の毛で表情をつけると◎!

さらに、額は全開にせず、前髪がサングラスのフレームに少しかかるように調整を。これも、無機質なサングラスに表情をつけるための大事なポイントです。

今までサングラスのかけ方がイマイチわからなかったという人も、なぜかおしゃれに見えなかったという人も、その理由は髪型にあったのかもしれません。今回ご紹介した3つのポイントを踏まえて、サングラス姿をブラッシュアップさせてくださいね!

ピアス¥2,000(LIMITED NUMBER)/お世話や ※価格は税抜き
【問い合わせ先】
お世話や:http://www.osewaya.jp

photo:鈴木花美 stylist:川上麻瑠梨 model:馬渕真由子

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

松本聖子

松本聖子

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

8年間のサロンワークを経たあと、資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、各地のコレクションやヘアメーキャップセミナー講師、トレンドや季節に合わせた美容情報の発信など多岐にわたり活動中。資生堂「&FACE」の商品開発、ソフト情報の作成にも携わる。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。