トレンド・ライフスタイル

うっかり日焼けは72時間以内に!美白&保湿で徹底ケアがお約束♪

うっかり日焼けは72時間以内に!美白&保湿で徹底ケアがお約束♪

夏もいよいよ後半戦に突入! 今年は例年になく厳しい暑さが続いたから、しっかり日焼け止めを塗っていても汗で落ちてしまったり、塗り残しや塗りムラがあったりして、"うっかり日焼け"してしまったという人も多いのでは? そうなると心配なのは、今後の「シミ」問題ですよね。

でもご安心を。そんなうっかり日焼けも、あるケア方法を行うことでシミなどの肌トラブルを遠ざけることができるのです! そこで今回は、「うっかり日焼けしてしまったときのレスキューテク」をご紹介します♪

「72時間以内のケア」でシミにしない肌へ!

そもそもシミとは、皮膚の中に、メラニンが蓄積され地肌の色よりも濃く見える部位のことです。紫外線を浴びると、皮膚内部のメラノサイトが活性化しメラニンを過剰に生成して皮膚を黒くするのが「日やけ」のメカニズム。通常は、表皮のターンオーバー(皮膚が自ら生まれ変わる仕組み)によって、メラニンは皮膚表面に押し出され、垢とともに剥がれるため、肌の色は一定に保たれます。しかし長年紫外線のダメージが蓄積すると、メラニンが過剰に作り続けられるようになり、ターンオーバーも乱れがちに。すると、メラニンが排出されず皮膚内部に蓄積され、「シミ」となってしまうんです!

そして、肌の中でメラニンが作られるのは、紫外線を浴びて3日後からです! つまり、この72時間の間にしっかり紫外線ケアをしてメラニンの定着を遠ざけることが大切! この間にケアを怠ったりダメージを放置したりすると、あとで大変なことになってしまう恐れもあるため、しっかりケアを行ってくださいね。

夏肌のダメージには「保湿ケア」も重要!

また、この時期に気をつけるべきことは、紫外線ダメージだけではありません。夏を過ごした肌は、外気温と室内温度の差によって「乾燥」や「血流低下」を招きやすい状態にあるため、顔がくすみやすくなっています。

乾燥・メラニンの蓄積

つまりこの時期の肌には、シミ&くすみのWパンチが襲いかかっているということ! これらのトラブルから肌を守るには、72時間以内に行う美白ケアに加えて、保湿ケアもしっかり意識することが重要です。

美白&保湿効果が期待できる「美白化粧水」でお手軽ケア!

美白ケアと保湿ケアを同時に叶える方法として、シートマスクや美容液といったスペシャルケアを取り入れるのもおすすめですが、手軽で毎日できる「美白化粧水」でのケアも外せません。美白化粧水といえば、さっぱりした感触のものが多く、保湿力は少ないのでは? というイメージがあるかもしれませんが、高い保湿力を誇るジェル状の美白化粧水などもあるので、そういったものを取り入れるのも◎。紫外線や温度差によるダメージは毎日のように肌に降りかかっているので、美白化粧水で日々コツコツとケアを行うことは、今後の肌状態を良くしていくためにもとっても大切なステップなんですよ。

日々の紫外線やうっかり日焼けによるダメージを最小限に抑えるためには、72時間以内の美白ケアが大きなポイントです。さらに、しっかり保湿をして乾燥や血流低下を撃退するのが、この時期の理想のケア方法。この2点を押さえて、ダメージ知らずの肌で秋を迎えましょう♪

 

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、チャットで気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。