トレンド・ライフスタイル

夏の乳液嫌いも虜♪「キンキンに冷えた泡」が気持ちいい~保湿テクって?

夏の乳液嫌いも虜♪「キンキンに冷えた泡」が気持ちいい~保湿テクって?

「暑くてベタベタするから、乳液は使わない!」という人が増えるこの季節。うるおっているように感じる夏肌だけど、実は乾燥の要因がいっぱいあるので、夏こそ乳液は必須なんです。そこで今回は、資生堂Webビューティーコンサルタントの西村美保さんに、乳液嫌いな人でもコレならできる! という、真夏の乳液の使い方を教えてもらいました。

乾燥&紫外線ダメージを防ぐためにも、乳液は必須!

夏は汗をかいたり皮脂の分泌が増えたりするので、肌表面はうるおっているように感じますよね。ですが紫外線や冷房の影響で肌のうるおいが奪われやすいため、肌は水分と油分のバランスが崩れがちに...。すると、なめらかな肌を保つのに欠かせない皮脂膜が作られにくくなり、乾燥が進んでしまいます。このように、夏の肌は「隠れ乾燥」を起こしやすいため、きちんと乳液をつけて保湿をすることが大切なんです。また、紫外線の影響も、うるおいが不足していると受けやすくなってしまうので、乳液で水分と油分のバランスをしっかり保つことは夏でも大切ですよ。

乳液嫌いな方にこそすすめたい「冷やし泡乳液」とは?

肌にうるおいが必要とわかっていても、「乳液のベタベタ感が苦手」という方も多いと思います。そんな方におすすめなのが、泡で出てくるタイプの「専科 パーフェクトホイップシルキー」です。マイクロ乳液泡が角層のすみずみまでうるおいを届けてくれるのが特徴。また、オイルフリー処方なのでベタつきを感じさせずに、みずみずしいうるおい感が続きます。さらに、この時期なら冷蔵庫に入れて冷やして使うのがイチオシ! 冷たい泡が肌にスーッと広がり、とても心地よく使用できます。このさっぱりと使える乳液なら、ベタつきが気になる夏場も気持ちよく保湿ケアを行えますよ。

保湿ケアは一年中必要不可欠なこと。乳液嫌いさんでも使える、肌なじみの良さや軽い使用感などを重視して作られた「専科 パーフェクトホイップシルキー」なら、夏の「隠れ乾燥」を克服してうるツヤ肌を継続できそうですね!

 

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webを通してお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。お肌の悩みや商品の使い方から今さら聞けない悩みまで、チャットで気軽にご相談いただけます。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/lc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。