トレンド・ライフスタイル

多毛、剛毛さんでもスッキリ!プロの裏技なら「こなれシニヨン」も簡単♪

多毛、剛毛さんでもスッキリ!プロの裏技なら「こなれシニヨン」も簡単♪

髪の量が多かったり、髪が太い&硬い人が「今っぽいラフなまとめ髪」を作ろうとすると、すごいボリュームが出てしまったり、うまくピンで留められず崩れちゃったりしませんか? そんな剛毛さんでもおしゃれでこなれ感のあるシニヨンを作るテクニックを知りたい、とプロにSOS! 思わずうなる裏技を教えてくれたのはヘアメイクアップアーティストの西森由貴さんです。

剛毛女子は「小分け」が大事

剛毛さんの場合は、髪を小分けにしてまとめていくのが失敗しないポイントです。小分けにすることでボリュームも抑えられますし、挿したピンもきちんと留まってくれますよ。それでは詳しいHOWTOを見ていきましょう。

剛毛女子向けシニヨンアレンジ

1. まとまりがよくなるようにヘアクリームを髪全体になじませたら、後ろで1つに結びます。結んだ毛束を上下2つに分け、下の毛束をしっかりねじります。

2. ねじった毛束を1のゴム部分にしっかり巻きつけ、毛先をピンで留めて小さなお団子を作ります。

このお団子をできるだけコンパクトにすることで、毛量が多くてもボリュームを抑えたシニヨンが可能になります。ここはギュッときつめにまとめましょう。

3. 残った毛束をゆるめにねじり、2のお団子の上に被せるようにしながら巻きつけ、毛先をピンで固定。毛束の表面を薄く引き出し、少しだけ崩したら完成です。

崩してニュアンスをつける際、髪を多めに引き出してしまうと、せっかくコンパクトに作ったシニヨンにボリュームが出てしまうので要注意! 薄く引き出す、が鉄則です。

いっぺんにまとめようとせず、今回のように2回に分けてまとめていくのが、剛毛をコンパクトに見せる最大のコツです! 髪質がネックでヘアアレンジを諦めていた人も、この方法でいろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね♪

photo:鈴木花美 model:金城ゆき

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

西森由貴

西森由貴

資生堂ヘアメイクアップアーティスト

5年のサロン経験を経て、2014年資生堂入社。資生堂の宣伝広告や広報活動のヘアメイクに携わり、「マキアージュ」や「インテグレート」などのブランドを担当。NY・パリ・東京コレクションでも活動中。
http://hma.shiseidogroup.jp/nishimori/

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。